環境保全

環境方針

  • 1.企業活動が環境に与える影響を的確に捉えて環境目的・目標を定め、環境マネジメントシステムの充実と継続的改善を図る。
  • 2.環境に関する法令、条例、協定及び要求事項を順守し、環境汚染を未然に防ぐ。
  • 3.省資源、省エネルギー、リサイクル、廃棄物の削減、水の削減に企業活動の全ての領域で取り組む。
  • 4.環境負荷低減型の製品づくりおよび技術開発を行う。
  • 5.環境に負荷を与える物質の削減に取り組む。
  • 6.地域社会と共生し、環境保全に関する積極的な情報交流と情報提供を行う。

スローガン

『我々はCSRに基づき、自然の恵みに感謝し、自然環境との調和ある成長を目指します』

ヨロズグループ環境目的・目標

環境目的

  • 1.環境マネジメントシステムの充実と継続改善
  • 2.環境汚染の予防(環境事故ゼロ)
  • 3.省エネルギー : CO2排出量原単位削減▲18%(2012年度比)/2030年度
  • 4.廃棄物削減 : 廃棄物原単位削減 : ▲18%(2012年度比)/2030年度
  • 5.水削減 : 水原単位削減 : ▲15%(2015年度比)/2030年度
  • 6.省エネ、省資源に配慮した製品づくり
  • 7.環境負荷物質の削減
  • 8.地域社会との協調・共存
  • 9.環境保全に関する積極的な情報交流/開示

環境目標

  • 1.ISO14001認証の継続
  • 2.環境関係法令/各社管理値の順守
  • 3.省エネルギー : CO2排出量原単位削減▲1%(2016年度比)
  • 4.廃棄物削減:廃棄物排出量原単位削減▲1%(2016年度比)
  • 5.水削減:水使用量原単位削減▲1%(2016年度比)
  • 6.3R優良事業所の認定継続(横浜地区)
  • 7.軽量化製品開発の推進
  • 8.規制物質を含まない材料選定とIMDSによる情報管理
  • 9.環境保全への参加回数 計画の100%以上
  • 10.「企業の環境経営度」調査報告/2017年10月