国内社員紹介

株式会社ヨロズエンジニアリング(YE)
YE圧造技術課 金型製作グループ

工藤 誠昭2007年入社

最高の品質を目指します。

サスペンション部品の金型仕上げ業務を行なっています。

ヨロズに入社を決めたきっかけ

022一番に物作りを行っている会社に興味があり、その方向の仕事に就きたいと考えていました。もともと車に興味があり、ヨロズエンジニアリングの会社説明会に参加した際、仕事の内容、会社内や作業者の雰囲気もよかったこと、ヨロズの社員として働きたいという想いが強かったため、ヨロズへの入社を決意しました。

仕事のやりがい

012もっともやりがいを感じられる時は製品の品質調整が満足できる結果になったときです。金型の構造上や材料の材質などから品質がうまく出ないとき、どの部分を改修するか、どのようにして品質を落ち着かせるか、いろいろなやり方や考えがあり、それを学び考え自分の力に出来たとき、次の仕事に生かし、よりスムーズに仕事を進めることができる。これが自分にとってのやりがいです。これからもっと成長し、どの部品でも対応できるよう期待に応えていきたいです。

求められるスキル

大事なスキルは行動力と精神力だと思います。

1度や2度失敗したからとめげていては次になにもつながりません。わからないことをそのままにしないで、先輩方に相談しアドバイスをもらうことで知識と技術が身に付き次からの業務に活かせると思います。なので失敗を恐れない精神力と積極的に上司に相談する行動力が必要なスキルだと私は思っています。

休日の過ごし方

6月に生まれた娘の育児でバタバタしてるうちにあっという間に休日が終わってしまいます。

それでも娘を見ていると不思議と元気が出てきて仕事の疲れを癒してもらってます。

落ち着いたら家族で旅行に出かけたいと思います。

ある日の一日

07:30

出社

08:00

朝ミーティング

作業前点検 業務開始

08:30

製品品質データ確認

製品に不具合箇所がないか測定データを元に確認します

09:00

技術員、上司に相談

確認した不具合箇所をどのように改修するか相談します

10:00

金型改修

改修方法が決まったので実際に金型を改修します

12:10

昼食

14:00

プレスTRY

改修した金型をプレス機にのせて製品を生産します

16:00

品質確認

品質保証課にできた製品を測定してもらいOK,NGの判断をしてもらいます

17:00

帰宅

無事に改修が完了したので帰宅しました