国内社員紹介

横浜本社(YC)
品質保証部 

宮嵜 皓大2011年入社

色々な経験が自分の幅を広げ
成長させてくれます

主に検査治具の仕様検討や設計を行っております。
検査治具とは、製品の品質を簡単に確認することが出来る専用工具です。
製品1つ1つに対して、どのような構造にするか検討し3D-CADを使用し、3Dデータ・図面の作成などを行っております。
試作段階から量産中も使用するため使いやすい検査治具を製作できるよう、心がけています。
また、以前は新規部品の品質改善業務も行っていたため後輩のフォローや、突発的な業務の処理なども行っています。

ヨロズに入社を決めたきっかけ

1218_1194専門学校時代はCADを専攻していました。就職活動の際も設計がしたくて、機械設計関係の仕事を探していました。当時の採用担当者にグローバル展開していて一部上場している企業は安定しているというお話しを聞き、安定している会社というところに惹かれ入社を決めました。

仕事のやりがい

1218_1062品質保証部の中でも仕事内容は様々ありますが、私は3D-CADを使用して検具治具の仕様検討や設計を行なっています。今までやったことのない構造の検具を自分で考えて、問題なく一発でビシッと決まった時にやりがいを感じますね。また、立ち上げの最初から最後まで携われるため、他部署の業務にもかかわる部分がたくさんあり、知識が深まります。5年後、10年後を考えた時、先輩方を見ていると今の経験がきっと自分の幅を広げてくれるんだろうな、と思います。入社後、バリバリやっていきたいということであれば、品質保証部はオススメです。

求められるスキル

1218_1189仕事をしていてこれは重要!と実感するのは、報連相ですね。最初は意識してやっているのですが、このくらいの内容なら自分で解決して良いかなと思っているとミスに繋がってしまうんですよね。報連相しておくことで、未然に防ぐことができます。あとは、“考える力”ですかね。質問する際、わからないものをそのまま聞きにくるのでは無く、自分の答えを用意してここまで考えたけれどもどうしますか?というスタンスで質問できると、先輩もそれに対する意見をくれます。また、一つのプロジェクトを任された時にそれに耐えられる図太い精神があると安心して仕事が任せられますね。

休日の過ごし方

休日は、よく同じ寮の仲間と飲みに出かけています。冬は、同じ部署の先輩後輩交えて、スノボに行くこともありますよ!近いところはゲレンデまで1時間半~2時間くらいで行けるので、毎週末行っています。品証部は20代~30代の人が多いこともあり、ミンナ仲がいいです。仕事終わりにミンナで食事をして帰ることもよくあります。

ある日の一日

07:55

出社、朝ミーティング

仕事の進捗状況やスケジュールについて報告。

08:00

メールチェック、返信、業務内容確認

メールの確認を行い、一日で行う業務内容を再確認します。

08:30

検査治具仕様検討

検査治具を作成する上での仕様を、担当者と一緒に検討します。図面や部品の機能を考え、どの部位を確認するかどのような構造にするか等を決定していきます。

12:00

昼食

同じ部署のメンバーと一緒に昼食をとります。

13:00

検査治具データの確認作業

後輩が作成した検査治具の3Dデータを確認。検討した検査治具仕様通りに出来ているか構造上、無理が無いか等を確認します。

15:00

検査治具データ作成

仕様検討した検査治具の3DデータをCADを使用し作成します。

17:00

製品精度測定

量産前の設備で製作した製品の測定を、3次元測定機を使用して測定します。

18:00

測定結果を報告書に纏める

測定結果を確認し、報告書を作成します。精度が悪い場合は、悪い部位をどのように直すかを他部署を相談しながら考え、指示書を作成します。

20:00

日報作成

1日の業務内容を記載し、予定通りに出来たかを確認します。また、明日の業務内容を纏めます。

20:30

帰宅

同僚と一緒に晩御飯。