国内社員紹介

株式会社ヨロズエンジニアリング(YE)
組立技術課 機器設計グループ

佐藤 広和2005年入社

失敗は何度あってもいい。欠陥は許されない。

現在は、組立設備・治具の設計業務を行っています。

ヨロズに入社を決めたきっかけ

クルマ好きの父の影響もあって、私は子どもの頃から自動車に対する憧れを持っていました。そのため高校時代から漠然と、自動車業界に就職したいという気持ちがありました。 就職活動前にたくさんの企業の会社説明会がありました、その中でもヨロズで手掛けている部品が自動車の中でも乗り心地や操作性にも影響しているサスペンションを製作しており、自動車メーカー国内外問わず、品質の高さが認められ世界の多くの人々の生活に浸透し、日々生活する上で役立っているのだと感じると同時に、グローバルで活躍できる企業だと思ったからです。

仕事のやりがい

011設計業務であるので、一つの間違いが後工程での加工・組付け・調整に影響する為、とても責任のあるグループです。簡単な仕事はありません、難題にぶつかった時など自分で考え失敗することも多いですが、他グループの先輩・後輩と意見しながらひとつのプロジェクトを進めているときはとても充実して仕事ができています。また、自分の頭の中やCADの画面の中にしかなかったものが、一つの設備となり、部品が生産され実際に自動車に組付いて市場に出ていきます。製品として仕上がるまでのプロセスに携わることにとてもやりがいを感じます。

求められるスキル

021自動車業界は常に進化し新しい技術が常に開発されています。その為、環境に適応できる人、チャレンジ精神があり好奇心が旺盛な人、新しいことを吸収できる人には向いています。また、生産工場と違いゼロから考え、自ら行動しなければならず、わからないことがあれば先輩方からアドバイスを頂いたりする事も多いので、コミュニケーション能力も必要とされてきます。最後に、海外拠点が多くお客様の要望で現地メーカーの機械を使用することになると説明書は英語で書かれていることが多いため、英語は業務上どうしても必要なスキルとなります。

休日の過ごし方

子供と遊ぶのが殆どですが、社会人サッカーをやっているので試合の日は子供も一緒に試合に行きます。設計業務とあって座っている作業が多いので、休日は体を動かしていることが多いです。

ある日の一日

07:30

出社

07:50

朝ミーティング

社内展開事項の確認

08:00

治具設計

工程計画・仕様書・製品図を元に溶接治具の3Dモデル作成

11:00

治具強度解析

設計したモデルが強度上問題がないか強度解析を机上で確認

12:10

昼食

同僚と一緒に食事

13:00

図面検討会

実際に設計した3Dモデルについて本社 生産技術部、拠点技術員、他部署を含め問題等ないか確認する

15:00

図面検討会報告書作成

図面検討会で出た内容をまとめ、資料作成し関係者に配信

17:00

強度解析報告書作成

解析結果をまとめ資料作成。上司に報告

18:00

2次元図面作成

3Dで作成したモデルを元に、2D平面図を作成

19:00

帰宅